スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

セカンドライフをどう思う? 日米で利用価値に違い

野村総合研究所は、「セカンドライフ(Second Life)」の日米における利用実態について、
9月から10月にかけて実施したアンケート調査の結果を公表しました。

調査の結果、米国ユーザーは、仮想のアイテムや土地建物の創造、
所有、コミュニケーションの場として利用する傾向が強いのに対し、
日本ユーザーは、経験価値を向上する場として利用する傾向があるそうです。

結果によると、日本におけるセカンドライフの認知度は53.6%、
また「利用している」という回答はわずか2.4%だったようです。

同社では、利用経験がある2.4%の日本ユーザーの中から
無作為に抽出した1,000人を対象に、サービスの感想を質問。

その結果、4人に1人は
「面白かった。今後も継続的に利用したい」(27.1%)と回答するも、
「あまり面白くなかったがもう少し様子を見たい」(28.4%)や
「面白くなかった。二度と利用しない」(5.5%)といった
ネガティブな印象を抱いているユーザーも少なくないらしいです。

001

また、日本のユーザーは
「企業の島や建物を見られること」、
「自分のアバターを作って着飾れること」、
「イベントやテーマパークなどで遊べること」など、
セカンドライフ内で得られる体験自体にサービスの魅力を見出す傾向にあったようです。

一方、アメリカ在住のユーザーは、
「自分のアバターを作って着飾れること」、
「他の人とテキストチャットを楽しめること」、
「モノ(オブジェクトやスクリプト)を作れること」に着目している。

同社では、米国ユーザーは創造と所有、コミュニケーションの場として
セカンドライフを活用する傾向があるとし、
日米のセカンドライフに対するサービス需要の相違を明らかにした。

さらに、サービスに好印象を持った日本ユーザーは、
セカンドライフ内の参入企業の土地や店舗に対し、
「役に立つ情報があるから」(43.2%)、
「人が多く、にぎわっているから」(35.7%)、
「楽しい仕掛けがある」(29.3%)
という点に興味を持っていることから、
経験価値を向上する場として位置付けてるみたいです。

002


野村総研では、
「日本企業がセカンドライフにビジネス参入するにあたり、
三次元仮想世界の特性を活かした商品説明や、
従来のWebサイトでは実現できない経験を提供するなど、
顧客により良い"経験創出"の場を提供することが今後の課題となるでしょう」と、
セカンドライフ参入企業の方向性について見解を述べている。

なお、セカンドライフに対してネガティブなイメージを持つユーザーは、
「他のことをする時間が取れない」、
「セカンドライフ内で何をすればいいかわからない」、
「お金がかかりそう」、
「知らない人と話すことに抵抗がある」
といった理由を挙げている。
同社はこうした理由が
セカンドライフの利用普及の歯止めになっているのではないかとしている。


↓↓ブログランキング参加中★ご協力ください!!
ninki fc2-s 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ku-red

にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ blogou ranq BlogPeople


スポンサーサイト


セカンドライフNEWS | 【2007-11-15(Thu) 05:18:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © セカンドライフ散策日記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
外国為替
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。