スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

「Yahoo!JAPAN」 VS 「Google」

セカンドライフとは関係ありませんが、
ちょっと気になる記事がありました。

「検索サービスに関する調査-ヤフーとグーグル、利用者の職業構成比など異なる結果に」
(CNET Japan)

インターネットの調査会社が、検索サービスの利用実態に関して調査を行ったところ、
面白い結果が出たようです。

Q1.普段利用している検索サービスは?
 トップは「Yahoo!JAPAN」で約88%、
 二位は「Google」で約71%

Q2.最も利用している検索サービスは?
 「Yahoo!JAPAN」=約61%、
 「Google」=約32%

Q3.Yahoo!JAPANとGoogleを利用しているユーザーの職業別構成比の差

 ・専業主婦=約4.3%
 ・会社員(事務職)=約4.3%
 ・会社員(その他)=約3.2%

 Yahoo!JAPANはGoogleと比較して、
 主婦や技術系以外の事務職、販売職の割合が高い傾向

 GoogleはYahoo!JAPANと比較して、
 専門職や経営者・役員などの割合が高い傾向

Q4.Yahoo!とGoogleを最も利用しているユーザーの職種別構成比

 ■Googleと比較してYahoo!ユーザーで利用が多い上位3職種と差
 ・その他の事務職-約7.8%
 ・販売職(販売・接客)-約6.8%
 ・経理職-約4.3%
 ・営業職-約4.3%

  ■Yahoo!と比較してGoogleユーザーで利用が多い上位3職種と差
   ・研究・開発職-約7.3%
  ・役員・経営者-約5.2%
  ・総務職-約5.0%

Q5.Yahoo!とGoogleを最も利用しているユーザーの業種別構成比

 ■Googleと比較してYahoo!ユーザーで利用が多い上位3職種と差
 その他-約6.3%
 食品-約4.4%
 専門店・小売業-約3.1%

 ■Yahoo!と比較してGoogleユーザーで利用が多い上位3職種と差
 ソフトウェア・情報処理-約5.2%
 機械・エンジニアリング-約4.2%
 電気機器・精密機器-約3.5%


以前、ネット関連のセミナーに参加していた時にも、
似たような話を聞きました。
検索エンジンでも利用者の層が違うので、
それに合せた展開が必要というような話です。

その時に言われてたのがネット通販に関しては、
Yahoo!の方が反響があるという事でした。
上の結果を見ると納得って感じですよね!!

↓↓ブログランキング参加中★ご協力ください!!
ninki fc2-s 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ku-red

スポンサーサイト


その他 | 【2007-11-07(Wed) 10:43:12】 | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2007/11/07 16:09 | IT最新ニュース | 日本における検索エンジン利用状況 日本における検索エンジンの利用状況が公表されました。 ここでは、管理人が興味をもった調査結果をピックアップして紹介していきたいと思います。 ☆引用記事:検索サービスに関する調査--ヤフーとグーグル、利用者の職業構成比など異なる結果に 【CNET Japan】 Q1..


Copyright © セカンドライフ散策日記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
外国為替
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。